アイオライト×マニハール水晶の蝋引き紐ネックレス【霹靂(へきれき)】


菫(すみれ)の花色を纏うアイオライトの気高さと、内部にたくさんあるクラックが生み出す虹色の嵐マニハール水晶の陽気さと。

そんなふたつのコンビネーションはきっと、身に着ける者に凛とした気品あふれる感覚を纏わせる、そんな想いで目の前にあるこのネックレスを眺めています。

そして、このネックレスを結び終えた時にアタマに浮かんだ『雷』と『稲妻』の文字から名付けた【霹靂(へきれき)】の名のように、脳天に電気が通るような直感/インスピレーションを彷彿とさせるカラーリングと作品の持つ雰囲気を感じて頂けたらと想います。

男性女性問わず身に着けられるデザインに展開し、シンプルでありながら存在感のあるトップは目を惹きます。

 

《使用素材》

・アイオライト(インド産)
・マニハール水晶(インド産)
・レインボームーンストーン(ホワイトラブラドライト)ビーズ
・アメジストビーズ
・カレン族シルバーチャーム&ビーズ(タイ産)

・トップ装飾部分、首紐部分 ともに蝋引き紐

 

《天然石のサイズ》

・アイオライト 縦9.1mm×横7mm×厚み3.4mm
・マニハール水晶 縦50mm×横12mm×厚み9.5mm

 

《装飾トップの大きさ》

・縦5.2cm×横1.7cm

 

《ネックレスの首周りの長さ》

・スライド調節タイプ 最長 約79cm

 

《天然石について》

・まるで可憐で美しい菫の花そのままの色を想い起こさせるアイオライト。そのイメージ通り、アイオライトの名前の由来はギリシャ語の『ion/菫色(すみれいろ)』と『lithos/石』から来ています。アイオライトに纏わる有名な話として、日光の当たる角度によって石の色が3色に変わるという特性を持つこの石を、その大昔、バイキングが航海の際に羅針盤として方位を算出する為に使っていたという言い伝えがあります。しかし、この色が変わったというように見える現象は神秘的なものではなく、石自体の性質である為、この言い伝えに科学的信憑性はないとされています。アイオライトは『ビジョンの石』とも呼ばれていて、感性を研ぎ澄まし、平常心を保たせ、本質的な解決へ導いてくれるとも。第3の目『サードアイ』を活性化させてくれる石でもあります。

・古くから、広く世界中の人々に装飾品や通貨として親しまれて来たと同時に、神聖視され宗教儀式や祈祷・除霊などとしても用いられて来た水晶。和名では古くは『水精』と呼ばれ精霊が宿る石とされ、日本各地でも産出され、古くは弥生〜古墳時代には勾玉や玉が作られていたと云います。『調和・統合・強化』のパワー持ち、非常に優れた浄化作用を持つ水晶は、すべてのものに対しての調和を生み出し、それらを統合させ、更なる強力なパワーを発揮させるよう導いてくれる石と云われています。また優れた浄化作用により、他の石が吸収したマイナスのエネルギーを元のクリーンな状態に戻してくれるとも。また、心身の活性化や潜在能力の開花にも一役買ってくれるとされています。インドのパールバティー渓谷の南にあるガルサ渓谷の奥の奥にあるマニハール村の北にある採掘場で採れる『マニハール水晶』は、近年、クローライトと美しい金色のルチルが入った透明度の高いヒマラヤ水晶が発掘され注目を浴びています。特にヒマラヤ水晶は水晶の中でも波動が高くエネルギーが大きいので、ヒーリング効果も高いと云われています。









※ ネットショップの特性上、ご使用のモニターやディスプレイの環境設定や撮影状況などによって、アクセサリーや天然石の実物そのものと多少の色味の誤差・イメージの違いが生じることをご了承の上、ご購入頂きますようお願い致します。
販売価格
¥14,200
在庫状態 : 売り切れ
売り切れ