アメジスト×ソーラークォーツの蝋引き紐×ヘンプ紐ペンダントネックレス【嵐の時の空の色】

n_1624
 

幾重にも重なる灰色の雲の波間の向こう側に見える、紫色の空の色によく似たアメジストと存在感たっぷりの花型ソーラークォーツを主役にペンダントネックレスを結びました。

天然石周りは蝋引き紐で装飾し、首紐はシンプルにピュアのヘンプ紐で四つ組にした、月麻オリジナルの異素材感を愉しめるハイブリッドデザインで展開。

細めの蝋引き紐で細かめに装飾したトップと、ザックリ太めのヘンプ紐で編んだ首紐部分とのコントラストをお楽しみください。

背中に垂れる背守り部分には、同じく細めの蝋引き紐でカラフルリーフのモチーフを。

男性女性を選ばないユニセックスなデザインと雰囲気に仕立てました。

 

《使用素材》

・アメジスト
・ソーラークォーツ
・マクラメビーズ (留め具)

・トップ装飾部分 蝋引き紐
・首紐部分 ヘンプ紐、蝋引き紐

 

《天然石のサイズ》

・アメジスト 縦13mm×横13mm×厚み6.8mm
・ソーラークォーツ 縦33mm×横33mm×厚み6〜7mm(左右で1mmほどの厚みの違いがあります)

 

《ネックレスの長さ》

・スライド調節タイプ 最長 約86cm

 

《天然石について》

・透明感のある紫色のアメジストは『愛の守護石』としてとても有名ですが、その名前の由来はギリシャ語である「酒に酔わない」という意味の『amethustos』から来ています。ギリシャ神話に登場する酒神バッカスとアメジストの石の関係から由来していると云われています。『愛と慈しみの心』を芽生えさせ真実の愛を守るチカラを与え、また、精神を安定させる働きがあるとされています。不眠解消する石とも云われており、枕の下に置いて眠るとぐっすり、そしていい夢が見られるとも。

・赤やオレンジ、緑色のアゲート(瑪瑙/めのう)を核とし、その周りを水晶が取り巻くように放射状に形成・結晶化したソーラークォーツは、その姿が太陽が放つ光の輪っかに見えることにより、その名が付きました。古くはアメリカのネイティヴアメリカンが御守りとして大切にして来た石であり、邪悪なものを寄せ付けない『邪破の瞳を持つ石』と云われ、アメリカで人気のある石でもあります。また、疲労回復や心身の浄化にも効果のある石とされています。

 

n_1624--01
n_1624--02
n_1624--03
n_1624--04
n_1624--05
n_1624--06
n_1624--07

※ ネットショップの特性上、ご使用のモニターやディスプレイの環境設定や撮影状況などによって、アクセサリーや天然石の実物そのものと多少の色味の誤差・イメージの違いが生じることをご了承の上、ご購入頂きますようお願い致します。
販売価格
¥11,000
在庫状態 : 売切れ
売切れ