カイヤナイト×セラフィナイトの蝋引き紐ペンダントネックレス【植物の言葉】


葉っぱモチーフをふんだんにあしらったボタニカルな印象を纏うペンダントを創作しました。

どこまでも青く澄むハッとするようなカイヤナイトのビーズをフロントに配置し、天使の羽根を閉じ込めたような美しいテクスチャーのセラフィナイトを主役に。

シンプルめながらも月麻の個性を生かしたデザインで展開しました。

背中に垂れる紐先の背守り部分にも、同様にカイヤナイトのビーズとクラック水晶のビーズを添えて。

ふんわりとやさしく胸元に佇むその姿は、まるで植物が息をし、静かに言葉話すよう。

 

《使用素材》

・セラフィナイト

・カイヤナイトビーズ

・クラック水晶ビーズ

・カレン族シルバービーズ(タイ産)

・トップ装飾部分、首紐部分 ともに蝋引き紐

 

《天然石のサイズ》

・セラフィナイト 縦29mm×横21mm×厚み5mm

 

《ペンダントトップの大きさ》

・縦 約67mm×横 約22mm

 

《ネックレスの首回りの長さ》

・スライド調節タイプ 約80cm

 

《天然石について》

・その姿はまるで天使のような美しさを纏うことから、最高位の天使『セラフィム』に由来し名付けられました。主にアメリカ、ロシアのバイカル湖付近で産出されるこの石は非常に繊細なエネルギーを持つ石で、持ち主に深い安心感を与え、人生を平穏に導きます。やさしさに満ちた癒しの石であり、持つ者の神経を緩め、ストレスやイライラや不安感を抑えてリラックスした状態をもたらします。セラフィナイトは硬度が低い石なので衝撃に弱く、擦れたりしないように取り扱いをし、定期的に柔らかい布で汚れを拭き取りきれいに保つことをお勧めします。

・ギリシャ語で『青色』を意味する言葉が名前の由来になっているという、カイヤナイト。藍色や青色・水色などの様々なブルーが幾重にもストライプ状に重なったまるで宇宙や銀河のような美しさが最大の特徴であり魅力であるカイヤナイトは、持つ者の依存心や甘えを取り去って独立心や探究心を高めたり、自分自身を上手くコントロールできるようになり、物事への適応能力を高めてくれるとも言い伝えられています。主な産地はブラジルやアメリカですが、近年ではネパールでサファイヤのような青色をしたカイヤナイトが発見されました。通常、結晶の芯の方へいくほどに青色が濃くなり、外側にいくほどに薄くなるものですが、ネパール産のカイヤナイトはそれとは真逆の性質を持っています。









※ ネットショップの特性上、ご使用のモニターやディスプレイの環境設定や撮影状況などによって、アクセサリーや天然石の実物そのものと多少の色味の誤差・イメージの違いが生じることをご了承の上、ご購入頂きますようお願い致します。
販売価格
¥12,800
在庫状態 : 売り切れ
売り切れ