クリソコラ×ラブラドライト×レインボームーンストーンの蝋引き紐チョーカーネックレス【世界への入り口】

n_1618
中央に地球色のクリソコラを、その両サイドにはラブラドライトとレインボームーンストーンを配置したネックレスを結び上げました。

夕焼けがとても美しかった日から結び始めたのはこのネックレス、地球へ想いを馳せ、この自然が織りなす天体showに息を呑み、今に生きていることに感謝があふれた瞬間をギュッ!とひと結びひと結びに閉じ込めました。

大地色をネックレスのベースにし、真ん中に小さな地球・クリソコラが在り、その傍らでキラキラと輝きを魅せるふたつの小さなラブラドライトとレインボームーンストーン。

その姿はまるで、この星と大地とそこから見える惑星たち。

デザインもチョーカーのように短めで着けて頂くと、とても美しく、首元を素敵に魅せ、個性がキラリと光る仕様にしています。

背中に垂れる紐先の背守り部分は、至極シンプルに。

左右アシンメトリーのデザインもまた、目を惹きます。

 

《使用素材》

・クリソコラ
・ラブラドライト(アフリカ産)
・レインボームーンストーン(ホワイトラブラドライト)
・カレン族シルバービーズ(タイ産)

・トップ装飾部分、首紐部分 ともに蝋引き紐

 

《天然石のサイズ》

・クリソコラ 縦20mm×横15mm×厚み6mm
・ラブラドライト 縦12mm×横8mm×厚み5mm
・レインボームーンストーン 縦11mm×横9mm×厚み6mm

 

《ネックレスの首周りの長さ》

・スライド調節タイプ 最短 約35cm〜最長 約65cm

 

*クリソコラは元々強度の強い天然石ではない為、衝撃など取り扱いにはご注意ください。

 

《天然石について》

・地球をギュッと小さくしたような色合いと模様を持つクリソコラは、マラカイトやアズライトや銅などの鉱物が混ざり合って形成され産出される石で、マラカイトが混ざるとグリーンに、アズライトが混ざると濃いブルーに、銅が混ざると濃いブラウンになるとされています。言い伝えとしてこの石は、黄金増やすチカラがあると信じられていた為、ギリシャ語で『chyso(金の意)』と『kolla(繋ぐ・接着剤などの意)』から名付けられました。クリソコラは自然との繋がりを強めてくれ、その地球のような姿は心を安定させ、心身の調和を整え、また母なる大地に例えられることから女性性を活性化させてくれるとも云われています。

・美しい煌めきを魅せてくれるラブラドライトは、18世紀後半頃にカナダのラブラドール半島で発見されたことから、その地にちなんでラブラドライトと名が付きました。その輝きは見る角度によって異なり、蝶の羽根のような美しい閃光を放つ神秘的なラブラドレッセンス(ラブラド光線)がこの石の一番の特徴と云えます。月と太陽を象徴し、宇宙と繋がりを持つと云われるこの石は、直感力や洞察力・創造力を高め、またヒーリングなどにも使われることから、体内の様々な活性化を促すとされています。

・透明感のある白色の中に虹色の輝きを纏うレインボームーンストーン(ホワイトラブラドライト)は、長石グループに属し、鉱物的にはラブラドライトと同じなのでムーンストーンではありませんが、その見た目やパワーストーンとしての観点から見た時に、この石の持つ色がムーンストーンの月的な性質に最も影響しているとされている為、通称としてムーンストーンと呼ばれています。古くから『虹』は稀にしか見ることができないことから、幸運の象徴であり、人々にとって幸せや夢のシンボルでもありました。レインボームーンストーンのそんな虹色の輝きは『幸せを呼び込む』と云い伝えられて来ました。そして陰陽の波動を併せ持つこの石は、月を想わせるような静かな波動で直感力や洞察力を与え、太陽を想わせるような陽気な波動で活力や希望与えてくれます。

n_1618--01
n_1618--02
n_1618--03
n_1618--04
n_1618--05
n_1618--06
n_1618--07
n_1618--08
n_1816--09
n_1618--10

※ ネットショップの特性上、ご使用のモニターやディスプレイの環境設定や撮影状況などによって、アクセサリーや天然石の実物そのものと多少の色味の誤差・イメージの違いが生じることをご了承の上、ご購入頂きますようお願い致します。
販売価格
¥17,000
在庫状態 : 売切れ
売切れ