クリソプレーズ×ラピスラズリ×シトリンの蝋引き紐アンクレット【夏の雫〜樹々に吹く風〜】

キッラキラと輝くドロップ型のブリオレットカットが施された天然石ビーズをあしらったシンプルなアンクレットです。

夏の陽射しの下、燦々と陽の光を受けて煌めくその姿には心、踊ります。

エンド部分にはハーキマーダイアモンドをひと粒あしらい、装着した際にぶら下がって邪魔にならないようアジャスター部分を2箇所設けています。

足元がパッと華やぐ、そんなアクセサリー。

あなたの夏に、忘れられない煌めきを。

 

《使用素材》

・クリソプレーズビーズ(アフリカ産)

・ラピスラズリビーズ(アフガニスタン産)

・シトリンビーズ(ブラジル産)

・ハーキマーダイアモンドビーズ(アメリカ・ニューヨーク産)

・カレン族シルバービーズ(タイ産)

・足回りの紐部分 すべて蝋引き紐

 

《アンクレットのサイズ》

・足首周り 最長 32cm(足先を通す時のかかと部分の大きさ 最長 32cm

 

《天然石について》

・爽やかなアップルグリーンが美しいクリソプレーズは、現在のような先の見えない社会においてとても必要とされる石だと云います。希望や明るさをもたらす為に非常に有効なこの石は、感情的なパニックや精神的な落ち込み、軽度の躁鬱症状に対して使い方によってはとても力を発揮するとも。この美しい緑色のカルセドニー(玉髄)であるクリソプレーズは、産出量がとても少ない為、カルセドニーグループの中でもとりわけ価値の高い石とされています。光沢や色合いが翡翠に似ていることと、主な産地がオーストラリアであることから『オーストラリアンジェイド』と呼ばれることもあるようですが、もちろん翡翠ではありません。古代ローマの時代からカメオなどの装飾品に加工され、愛され続けてきたクリソプレーズ。かのアレキサンダー大王も胸元にクリソプレーズを飾っていたことから、数々の戦いに勝利し、帝国を築いた偉業はこの石の魔力によるものだと噂されていたそうです。

・群青色が魅せる落ち着いた印象のラピスラズリは、第3の目のチャクラを刺激し直感力と創造力を高めてくれると共に、『瞑想の石・思索の石』と呼ばれるように内的な探索を助けてくれるとされています。世界中で古くから内外からの邪気を払い退ける御守りや聖なる石として重宝され、日本でも『幸運の御守り石』として昔から愛されて来ました。その瑠璃色の美しいブルーは、年月を重ねても色褪せないことから絵画にも用いられて来ました。オランダの画家・フェルメールの『真珠の耳飾りの少女』はそのことでもとても有名な一枚です。神や宇宙と繋がる石とも云われ、ラピスラズリの持つ霊性ゆえ世界中には様々な言い伝えがあるとされています。

11月の誕生石でもあるシトリンには、『黄水晶』という和名が付いています。その名の通り黄色〜黄金色に輝くこの天然石は、古くから商売運や財運をもたらしてくれると云われ、『幸運の石』として重宝されて来ました。そしてシトリンは太陽を象徴する石でもあり、クォーツ類の中でも特に明るいエネルギーを持っています。その為、ネガティヴなエネルギーから持ち主を守り、災いをはね除けるなどの効果もあるとされています。シトリンもレモンクォーツ同様に、天然のものと色の改善を目的とした熱処理を施してあるものがあります。

動画はこちらからご覧頂けます↓

※ ネットショップの特性上、ご使用のモニターやディスプレイの環境設定や撮影状況などによって、アクセサリーや天然石の実物そのものと多少の色味の誤差・イメージの違いが生じることをご了承の上、ご購入頂きますようお願い致します。
販売価格
¥8,500
在庫状態 : 売り切れ
売り切れ