ソーラークォーツの蝋引き紐ペンダント【愛の環】

眩しいほどの黄金色に輝く、野州麻の精麻とは、

470年前から栃木県は鹿沼市周辺で栽培されている大麻の茎を、いくつもの工程を経て丁寧に精製されたものが『精麻(せいま)』と呼ばれており、神事などにも使われているように浄化のチカラが非常に強い貴重な繊維でもあります。

その野州麻の精麻を背守りにタッセルとしてあしらい、タンザナイトのビーズを添えて後ろ姿も美しいペンダントをお創りしました。

トップのソーラークォーツはアゲートの核が双子ちゃんの豊かな個性を纏ったpieceで、至極シンプルなデザインにて展開。

水晶部分のキッラキラが太陽の光に輝きます。

暮らしの中で様々なシーンに万能なアクセサリーです。

 

《使用素材》

・ソーラークォーツ

・タンザナイトアパタイトビーズ

・カレン族シルバービーズ(タイ産)

・トップ装飾部分、首紐部分 ともに蝋引き紐

・背守り部分 野州麻の精麻、蝋引き紐

 

《天然石のサイズ》

・ソーラークォーツ 29.2mm×25.7mm×厚み7.2mm

 

《ペンダントトップの大きさ》

・縦 33mm× 25.7mm

 

《ネックレスの首回りの長さ》

・スライド調節タイプ 80cm

 

《天然石について》

・赤やオレンジ、緑色のアゲート(瑪瑙/めのう)を核とし、その周りを水晶が取り巻くように放射状に形成・結晶化したソーラークォーツは、その姿が太陽が放つ光の輪っかに見えることにより、その名が付きました。古くはアメリカのネイティヴアメリカンが御守りとして大切にして来た石であり、邪悪なものを寄せ付けない『邪破の瞳を持つ石』と云われ、アメリカで人気のある石でもあります。また、疲労回復や心身の浄化にも効果のある石とされています。

↓動画はコチラからご覧頂けます。

※ ネットショップの特性上、ご使用のモニターやディスプレイの環境設定や撮影状況などによって、アクセサリーや天然石の実物そのものと多少の色味の誤差・イメージの違いが生じることをご了承の上、ご購入頂きますようお願い致します。
販売価格
¥13,000
在庫状態 : 売り切れ
売り切れ