チャロアイト×レインボームーンストーンの蝋引き紐ペンダントネックレス【火を熾す時の詩】

天使の羽根をその身に纏った、気品あふれる美しいチャロアイト。

そんなチャロアイトをブラウンの蝋引き紐にて包み結び上げ、パートナーにはふた粒のブルーが際立つレインボームーンストーンを添えて。

流線形で形造る中、少しの直線を組み込んで躍動感と動きを出したデザインにて展開しました。

全体的にシャープな印象の造りで縦のラインを意識して。

チャロアイトの持つ上品な雰囲気に魅せられつつ、そのパープルに飛び込みたくなるような、そんな恋をしました。

 

《使用素材》

・チャロアイト

・レインボームーンストーン

・レインボームーンストーンビーズ

・水晶ビーズ

・カレン族シルバービーズ(タイ産)

・トップ装飾部分、首紐部分 ともに蝋引き紐

 

《天然石のサイズ》

・チャロアイト 縦27mm×17mm×厚み8mm

・レインボームーンストーン(上)縦10.5mm×8mm×厚み4.5mm

・レインボームーンストーン(下)縦8.5mm×7mm×厚み4mm

 

《ペンダントトップの大きさ》

・縦 100mm× 33mm

 

《ネックレスの首回りの長さ》

・スライド調節タイプ 最長 78cm

 

《天然石について》

・チャロアイトはどこか油絵のような、抽象画のような魅力を持っている芸術的な天然石であり、その独特な世界観構成するエリジン(黒い部分)、マイクロリン(又はカリ長石/透明〜白い部分)、ティナクサイト(淡橙部分)などの鉱物がチャロアイトとマーブル状に混ざり合い、まさにアートのような表情に。世界三代ヒーリングストーンに称されるように癒しのチカラが強く、また浄化作用も非常に強い石です。身体の癒しというより精神的な癒し・エネルギーの解毒要素が強く、強迫観念的な状態や不安、恐怖を和らげてくれます。チャロアイトという名は、シベリアのチャロ川流域で発見されたこと、そしてロシア語のcharo《誘惑する》という意味から名付けられたというふたつの説があります。

・透明感のある白色の中に虹色の輝きを纏うレインボームーンストーン(ホワイトラブラドライト)は、長石グループに属し、鉱物的にはラブラドライトと同じなのでムーンストーンではありませんが、その見た目やパワーストーンとしての観点から見た時に、この石の持つ色がムーンストーンの月的な性質に最も影響しているとされている為、通称としてムーンストーンと呼ばれています。古くから『虹』は稀にしか見ることができないことから、幸運の象徴であり、人々にとって幸せや夢のシンボルでもありました。レインボームーンストーンのそんな虹色の輝きは『幸せを呼び込む』と云い伝えられて来ました。そして陰陽の波動を併せ持つこの石は、月を想わせるような静かな波動で直感力や洞察力を与え、太陽を想わせるような陽気な波動で活力や希望与えてくれます。

※ ネットショップの特性上、ご使用のモニターやディスプレイの環境設定や撮影状況などによって、アクセサリーや天然石の実物そのものと多少の色味の誤差・イメージの違いが生じることをご了承の上、ご購入頂きますようお願い致します。
販売価格
¥23,200
在庫状態 : 売り切れ
売り切れ