チューライト×ロードライトガーネットの蝋引き紐ネックレス【名もなき美しさ】


モザイク模様のようなピンク色がキュートなチューライト、
そしてそのパートナーには、こっくりと赤みの深いロードライトガーネットをチョイスして。

上品な中にも個性の光るデザインは、女性らしさをより引き立て華やかな印象を与えてくれます。

えんじ色の紐で結び上げたこのネックレス、トップの下には3つのユラユラ揺れる装飾をガーネットと共にあしらって。

カラダの動きに合わせて揺れ動く様子は、やわらかな風を感じさせてます。

首紐にもガーネットと結びの装飾を配置し、背中に垂れる紐先の背守り部分には長めのタッセルでオリエンタな雰囲気に。

 

《使用素材》

・チューライト
・ロードライトガーネット
・ガーネットビーズ
・カレン族シルバービーズ(タイ産)

・トップ装飾部分、首紐部分 ともに蝋引き紐

 

《天然石のサイズ》

・チューライト 縦29mm×横22mm×厚み4.5mm
・ロードライトガーネット 縦8mm×横6mm×厚み3mm

 

《装飾トップの大きさ》

・縦12.7cm×横3.5cm

 

《ネックレスの首周りの長さ》

・スライド調節タイプ 最長 約79cm

 

《天然石について》

・女性性を象徴するとされるチューライトは和名を桃簾石(とうれんせき)と云い、タンザナイトなどにも含まれるゾイサイトグループの鉱物のひとつで、ピンク〜赤色の発色をしているものを指します。青色をしているのは『タンザナイト』、緑色をしているのは『アニョライト』と分類されます。チューライトが初めて発見されたのはオーストリア、主な産地のノルウェーのチュールという地名からチューライトと名付けられました。あまり市場に出回らないこの石は、身に着ける者の美意識を高め、より輝き魅力的な人間になるようサポートしてくれると云います。

・美しいワインレッド色を纏うロードライトガーネットは、『不変の愛』『勝利』『実りの象徴』といった石言葉を持ち、恋を実らせたり、勝利を呼び込んだり、夢を実現させたりするチカラがあるとされています。そして、人との絆を深める作用がある石でもあるので、夫婦や恋人同士・友人同士でペアで身に着けるとよいとも。ガーネットは14種類ものグループで構成されていて、その中でもロードライトガーネットはギリシア語でバラを意味する「rhodo」と鉱物を指す「lite」を組み合わせた名前が付けられています。紫を帯びた赤色、つまり『ワインレッド』をしたこの石は、1882年にアメリカ・ノースカロライナ州にて発見されたのですが1900年頃には採り尽くされてしまい絶産し、その後しばらくしてタンザニアにて良質のロードライトが算出され現在に至ります。











※ ネットショップの特性上、ご使用のモニターやディスプレイの環境設定や撮影状況などによって、アクセサリーや天然石の実物そのものと多少の色味の誤差・イメージの違いが生じることをご了承の上、ご購入頂きますようお願い致します。
販売価格
¥21,600
在庫状態 : 売切れ
売切れ