デュモルチェライトインクォーツの蝋引き紐ペンダントネックレス【彗星と星屑のダンス】

透明度のとても高い水晶の中でひっそりと息をするデュモルチェライトインクォーツ。

その淡いライラックブルーの針状結晶は繊細を極め、キラキラとした姿を覗き込む度に心をキュッと掴まれてしまう、そんな魅惑の石をペンダントに仕立てました。

このデュモルチェライトインクォーツは、石を愛して愛して止まない今をトキメクIRODORI STONEさんから手渡された稀少でハイクオリティー極める高価なピース。

石(IRODORI STONE)×結び(月麻)のコラボレーション作品です。

なんといっても、水晶の中でのこのデュモルチェライトの入り方と空間とのバランスが際立つ逸品です。

そんな貴重なピースをあじさい色と藤色、そしてベージュの蝋引き紐でシンプルに、且つアシンメトリーデザインで個性豊かに仕上げました。

首紐と背守りもまた左右非対称アシンメトリーで仕立て、身に着ける度にココロオドルような、ワクワクしてしまうような、そんなアクセサリーです。

 

《使用素材》

・デュモルチェライトインクォーツ

・水晶ビーズ

・カレン族シルバーチャーム&ビーズ(タイ産)

・トップ装飾部分、首紐部分ともに蝋引き紐

 

《天然石のサイズ》

19mm×16mm×厚み11mm

 

《ペンダントトップの大きさ》

・縦54mm×26mm

 

《ネックレスの首回りの長さ》

・スライド調節タイプ78cm

 

《天然石について》

・デュモルチェライトインクォーツは、フランスのユージン・デュモルティエという古生物学者が発見し、彼の名にちなみ1881年に名付けられました。デュモルチェライトは、ブラジルやアメリカ、カナダやマダガスカルなど多くの地域で産出されている鉱物で、日本でも幾つかの都道府県で採られています。ブルーの繊維状・微針状結晶の集合体が透明な水晶の中に内包されるその姿が大変美しい為、宝石や飾り物として親しまれて来たデュモルチェライトインクォーツ。また、“思慮の石”と呼ばれ、固まった思考をほぐし物事に対する集中力を高めるとされていて、前世から引き継いだ魂の目的の中で不適切なものを捨て、魂が自ら選んだ学びに集中できるようサポートするとも云われています。

※ ネットショップの特性上、ご使用のモニターやディスプレイの環境設定や撮影状況などによって、アクセサリーや天然石の実物そのものと多少の色味の誤差・イメージの違いが生じることをご了承の上、ご購入頂きますようお願い致します。
販売価格
¥88,800
在庫状態 : 売り切れ
売り切れ