デンドリティッククォーツの蝋引き紐ネックレス【夜明けに月が昇る時】


漆黒の紐に包まれた、デンドリティッククォーツの纏う世界観。

まるで植物がクォーツの中に内在しているかのような、そんな不思議な魅力を持つこの石を主役にシルエットにこだわったネックレスが誕生しました。

首紐には、薄いグリーンが涼やかなフローライトの大小のビーズを散りばめ、漆黒の中に煌めく爽やかさを感じて頂きたいと想います。

身に着けた時の胸から首に掛けてのラインをより女性らしく、美しく、そして凛と引き締めてくれるような、そんな流れるようなラインが印象的なアクセサリーです。

背中に垂れる紐先の背守り部分には、インドからやって来た菩提樹の実とカレン族の三日月シルバーをあしらって。

 

《使用素材》

・デンドリティッククォーツ

・フローライトビーズ

・菩提樹の実(インド産)

・カレン族シルバーチャーム&ビーズ(タイ産)

・トップ装飾部分、首紐部分 ともに蝋引き紐

 

《天然石のサイズ》

・デンドリティッククォーツ 縦20mm×横15mm×厚み8mm

 

《装飾トップの大きさ》

・縦 約24mm×横 約19mm(縦横ともに石周り部分)

 

《ネックレスの首回りの長さ》

・スライド調節タイプ 最短 約39cm~最長 約75cm

 

《天然石について》

・石の種類 い関係なく樹々の枝状のインクルージョンを内包したものを『デンドライト』と云い、ベースが水晶であるものを『デンドリティッククォーツ』、アゲートなら『デンドリティックアゲート』、ジャスパーなら『デンドリティックジャスパー』と呼びます。まさに自然が生み出したアートとも云えるこの石は古代ギリシャ時代から知られており、永久に枯れない樹々を封じ込めた石だと考えられて来ました。ですが実際は植物の化石ではなく、水に溶け込んだ金属イオンが水晶やアゲートなどの割れ目に侵入し、微細な粒となって壁面に沈殿し、粒が連なってできたモノです。持ち主と自然との繋がりを深める力が強く、本来の生命の営みやリズムに近付けるためのサポートに優れています。また、幸せな家庭を築く御守りとしてや、人間関係においてコミュニケーションを高め、良質な人間関係と平穏を得る助けになってくれるともされています。









※ ネットショップの特性上、ご使用のモニターやディスプレイの環境設定や撮影状況などによって、アクセサリーや天然石の実物そのものと多少の色味の誤差・イメージの違いが生じることをご了承の上、ご購入頂きますようお願い致します。
通常価格
¥19,800
販売価格
¥15,840
在庫状態 : 売り切れ
売り切れ