フォッシルコーラル×レムリアンシードクォーツの蝋引き紐チョーカーネックレス 【凪】

n_1601
日本ではあまり見かけないブラックベースのフォッシルコーラルの傍らにレムリアンシードクォーツを添えて装飾を施したチョーカーネックレス。

濃いブルーを基調とした中に薄茶を差し、左右アシンメトリーデザインに仕立てました。

首回りの開いた洋服に合わせると相性がとてもよく、鎖骨あたりのデコルテ部分を美しく魅せてくれます。

ところどころにカレン族シルバーのビーズを配置し、ネックレスにキラリと輝きを添えています。

背中に垂れる背守り部分の装飾はひとつにまとめ、シンプルながら目を惹くデザインに。

 

《使用素材》

・フォッシルコーラル(インドネシア産)
・レムリアンシードクォーツ(マダガスカル産)
・カレン族シルバービーズ(タイ産)

・トップ装飾部分、首紐部分 ともに蝋引き紐

 

《天然石のサイズ》

・ブラックフォッシルコーラル 縦36mm×横26mm×厚み6mm
・レムリアンシードクォーツ 縦60mm×横9mm×厚み6mm

 

《ネックレスの首回りの長さ》

・スライド調節タイプ 最短 約38cm〜最長 約74cm

 

《天然石について》

・フォッシルコーラルとは、珊瑚(コーラル)が長い長い時間を経て化石(フォッシル)になり、石英化されたものです。また珪化(石になった)していることから、ペトリファイドコーラルとも呼ばれています。和名では、石の中に菊の花のような模様が見えるため、菊目石と名付けられています。悠久の時を経て、今に至るフォッシルコーラルには古代からの秘められた生命力やエネルギー、知恵が込められていると云われています。

・レムリアンシードクォーツは、太古の海に沈んだと云い伝えられているレムリア大陸から名付けられ、そこに住んでいたレムリア人の叡智や知恵が詰まっているとされているこのレムリアンシードクォーツの表面には『レムリアンリッジ』と呼ばれるバーコード状の条線が見られるのが大きな特徴のひとつであるとされています。この石同士を軽くぶつけると、高く美しい澄んだ音がすることから『シンギングクリスタル』とも呼ばれています。

n_1601--03
n_1601--01
n_1601--02
n_1601--04
n_1601--05
n_1601--06
n_1601--07
n_1601--08

※ ネットショップの特性上、ご使用のモニターやディスプレイの環境設定や撮影状況などによって、アクセサリーや天然石の実物そのものと多少の色味の誤差・イメージの違いが生じることをご了承の上、ご購入頂きますようお願い致します。
販売価格
¥14,000
在庫状態 : 売切れ
売切れ