ラブラドライトの蝋引き紐ペンダント【逢魔ヶ時】

濃いグレーの蝋引き紐で包んだパープルブルーのラブラドライトは、まるで逢魔ヶ時の空の色。

逢魔ヶ時とは夕暮れ辺りの時間帯のことで、どこか違う世界から魔物がやって来ると云われています。

この時間帯もこの呼び方も個人的にとても好きで、刻々と変わりゆく空の色が美しく、夕焼けが尾を引きながら夕闇に移行してゆく薄暗い空の色を想い出させる、そんな色彩を持ったラブラドライトです。

首紐は左右アシンメトリーの紐色で展開し、背守りにはラブラドライトビーズを水晶ビーズ、そしてカレン族お得意の平べったいシルバーを織物のように織り上げたデザインのチャームを添えて。

 

《使用素材》

・ラブラドライト

・ラブラドライトビーズ

・水晶ビーズ

・カレン族シルバーチャーム&ビーズ(タイ産)

・トップ装飾部分、首紐部分 ともに蝋引き紐

 

《天然石のサイズ》

・ラブラドライト 23mm×16mm×厚み7mm

 

《ペンダントトップの大きさ》

・縦 47mm× 20mm

 

《ネックレスの首回りの長さ》

・スライド調節タイプ 82cm

 

《天然石について》

・美しい煌めきを魅せてくれるラブラドライトは、18世紀後半頃にカナダのラブラドール半島で発見されたことから、その地にちなんでラブラドライトと名が付きました。その輝きは見る角度によって異なり、蝶の羽根のような美しい閃光を放つ神秘的なラブラドレッセンス(ラブラド光線)がこの石の一番の特徴と云えます。月と太陽を象徴し、宇宙と繋がりを持つと云われるこの石は、直感力や洞察力・創造力を高め、またヒーリングなどにも使われることから、体内の様々な活性化を促すとされています。

※ ネットショップの特性上、ご使用のモニターやディスプレイの環境設定や撮影状況などによって、アクセサリーや天然石の実物そのものと多少の色味の誤差・イメージの違いが生じることをご了承の上、ご購入頂きますようお願い致します。
販売価格
¥16,300
在庫状態 : 売り切れ
売り切れ