ラリマー×タンザナイトの蝋引き紐ペンダントネックレス【人魚】

どこか南国の島の遠浅の海で自由に游ぐ人魚をイメージしたネックレスを創作しました。

波色のラリマーは暖かい海を、ラベンダーカラーのタンザナイトは人魚のキラキラ輝く尾ビレを表現。

陽の光を浴びてチャプンッと波を立てる人魚の持つやさしく穏やかな雰囲気をそのままアクセサリーに仕立てました。

ラリマーの周りの装飾は海の中に茂る海藻や珊瑚を表し、背中に垂れる紐先の背守り部分の水晶は太陽の光を表しています。

陽気なこれからの季節によく似合う、そんなアクセサリーをあなたの胸元に。

 

《使用素材》

・ラリマー(ドミニカ共和国産)

・タンザナイト(タンザニア産)

・水晶ビーズ

・カレン族シルバービーズ(タイ産)

・トップ装飾部分、首紐部分ともに蝋引き紐

 

《天然石のサイズ》

・ラリマー21.5mm×16mm×厚み9mm

・タンザナイト9.5mm×7.3mm×厚み5mm

 

《ペンダントトップの大きさ》

・縦86mm×53mm

 

《ネックレスの首回りの長さ》

・スライド調節タイプ78cm

 

《天然石について》

・世界三大ヒーリングストーンのひとつとされている、穏やかな波色ラリマー。太陽眩しいカリブ海に浮かぶドミニカ共和国から産出されるこの石は正式名称をブルーペクトライトと云い、希少価値の高い高価な石でもあります。その穏やかで美しい佇まいそのままに『愛と調和』を象徴とするラリマーは、深く大きな慈愛のエネルギーで満ちあふれており、安らぎと調和で心を満たしてくれる、まさにヒーリング効果の高い石と云えるでしょう。また、『変化』というキーワードを持っているように、様々な変化に伴う痛みや執着などを和らげ前に向かうポジティブさをもたらしてくれるとも云われています。

・その名の通り、タンザニアで採掘されるタンザナイト。今、尚タンザニアのメレラニ鉱山のみでしか産出されないこの石は、約50年前に発見された比較的新しい石でもあります。「ゾイサイト」という鉱物に属し、バナジウムを含んで青色に変色したものをタンザナイトと呼んでいます。名付けの親はティファニー社。美しいバイオレットブルーを纏うこの石は高い波動を持つとされ、持ち主の潜在意識を目覚めさせます。奥深くに眠ったエネルギーを活性化させ、様々な能力を向上させてくれます。癒しのチカラ持つ石としても注目され、強力なヒーリングストーンとして扱われて来ました。直感力や閃きを必要とする人にもよき石とされています。

※ ネットショップの特性上、ご使用のモニターやディスプレイの環境設定や撮影状況などによって、アクセサリーや天然石の実物そのものと多少の色味の誤差・イメージの違いが生じることをご了承の上、ご購入頂きますようお願い致します。
販売価格
¥24,300
在庫状態 : 売り切れ
売り切れ