ローズクォーツ×ムーンストーンの蝋引き紐ペンダント【春のうたたね】

まるで瑞々しい果物の果汁をその身にたたえたような、とっても可愛らしいぷっくりなローズクォーツを主役にペンダントをお仕立てしました。

ローズクォーツの周りには0.5mmの蝋引き紐にて細やかな装飾を施し、その上にはラメのようなシラーが印象的なムーンストーンをあしらい可動式のチャームとして配置しました。

可動式のチャームはお好きな位置で留めてお愉しみください。

そして、背守りに入れたヘソナイトの紅で全体をキュッと締めて。

春の日に、ポカポカ陽の光でうたたねするような、暖かな体温を感じるアクセサリー。

あなたの胸元でぜひ、感じて頂きたいです。

 

《使用素材》

・ローズクォーツ

・ムーンストーン

・ヘソナイトビーズ

・水晶ビーズ

・カレン族シルバーチャーム&ビーズ(タイ産)

・トップ装飾部分、首紐部分 ともに蝋引き紐

 

《天然石のサイズ》

・ローズクォーツ 24mm×17mm×厚み11mm

・ムーンストーン 15mm×11mm×厚み4mm

 

《ペンダントトップの大きさ》

・ローズクォーツ 縦 約49mm× 約36mm

・ムーンストーン 縦 約32mm× 約28mm

 

《ネックレスの首回りの長さ》

・スライド調節タイプ 約80cm

 

《天然石について》

・淡く透き通るようなピンク色をしたローズクォーツは『美・愛・やさしさ』を象徴し、恋愛運向上のパワーストーンとしてとても有名です。女性の内なる美しさを輝かせてくれ、まずは自分を愛し、そして外の世界の人間関係に於いても愛の循環を作り出してくれるとも云われています。ローズクォーツは癒しのエネルギーにもあふれ、恋に破れた心を再び新しい愛へ導いてくれるパワーがあるとも。その名の由来は、愛と美の女神『アフロディーテ』の石とされ、『アフロディーテに捧げられた薔薇(ローズ)』から来ているとされています。

・月の光を宿したようなムーンストーンは、古くから神秘的な力を秘めた石として人々に愛されて来ました。は女性性の象徴であり、そのエネルギーを纏うこの石は女性をサポートする力にあふれています。また、6月の誕生石で有名でもあるムーンストーンはその昔、月の輝きが結晶した石だと信じられ、月の魔力の化身として神聖視されていました。古代インドでは、ムーンストーンを聖なる石として崇め、御守りとして身に付けていたと云います。勘が鋭くなる、危険を察知する、進むべき道を示してくれる、など伝承も数多くあり、予知や透視や占いなどの儀式にも用いられて来ました。月の満ち欠けに影響を受けている人間の体、ムーンストーンは様々な変化に合わせて調子を整え、心解きほぐし、おおらかな気持ちにさせてくれるヒーリングストーン。有名な産地としてスリランカが挙げられます。

動画はコチラからご覧頂けます↓

※ ネットショップの特性上、ご使用のモニターやディスプレイの環境設定や撮影状況などによって、アクセサリーや天然石の実物そのものと多少の色味の誤差・イメージの違いが生じることをご了承の上、ご購入頂きますようお願い致します。
販売価格
¥31,000
在庫状態 : 売り切れ
売り切れ