貴重な野州麻の精麻を丁寧に手で綯ったブレスレット【野州麻・精麻のシンプルブレスレット M〜Lサイズ】

b_1604
眩しいほどの黄金色に輝く、野州麻の精麻。

470年前から栃木県は鹿沼市周辺で栽培されている大麻の茎を、いくつもの工程を経て丁寧に精製されたものが『精麻(せいま)』と呼ばれており、神事などにも使われているように浄化のチカラが非常に強い貴重な繊維でもあります。

そんな野州麻の精麻をひとつひとつ丁寧に月麻が手で綯った、至極シンプルで精麻の美しさや味わいがそのまんま愉しめる2連のブレスレットをご用意しました。

着脱は留め具をスライドさせて行うので、ある程度の手首の太さに対応しています。

ぜひ、野州麻の精麻を身に纏い、その美しさと歴史を感じてみてください。

 

《使用素材》

・ブレスレットボディ部分 野州麻の精麻
・マクラメビーズ(留め具)

 

《ブレスレットのサイズ》

・手首周り 最長 約28cm(手を通す時のこぶし部分の大きさ 最長 約28cm)

n_1604--01
b_1604--02

※ ネットショップの特性上、ご使用のモニターやディスプレイの環境設定や撮影状況などによって、アクセサリーや天然石の実物そのものと多少の色味の誤差・イメージの違いが生じることをご了承の上、ご購入頂きますようお願い致します。
販売価格
¥2,600
在庫状態 : 売切れ
売切れ