野州麻・精麻とカイヤナイトを蝋引き紐で装飾したペンダントネックレス【きらり✴︎この星のひと雫〜カイヤナイト〜】

眩しいほどの黄金色に輝く、野州麻の精麻。

470年前から栃木県は鹿沼市周辺で栽培されている大麻の茎を、いくつもの工程を経て丁寧に精製されたものが『精麻(せいま)』と呼ばれており、神事などにも使われているように浄化のチカラが非常に強い貴重な繊維でもあります。

その精麻をタッセルに仕立て背守りに配置し、グリーン×ブルーが入り混じる個性派カイヤナイトを主役に結び上げたペンダント。

清涼さを感じるカイヤナイトのそのカラーは、夏の日の水飛沫のよう。

 

*こちらの商品は紙の箱に入れてお届け致します。

 

《使用素材》

・カイヤナイト

・カレン族シルバービーズ(タイ産)

・トップ装飾部分、首紐部分 ともに蝋引き紐

・背守り部分 野州麻の精麻、蝋引き紐

 

《天然石のサイズ》

35mm×10mm×厚み5mm

 

《ペンダントトップの大きさ》

・縦 14mm× 11.5mm

 

《ネックレスの首回りの長さ》

・スライド調節タイプ 最長 82cm

 

《天然石について》

・ギリシャ語で『青色』を意味する言葉が名前の由来になっているという、カイヤナイト。藍色や青色・水色などの様々なブルーが幾重にもストライプ状に重なったまるで宇宙や銀河のような美しさが最大の特徴であり魅力であるカイヤナイトは、持つ者の依存心や甘えを取り去って独立心や探究心を高めたり、自分自身を上手くコントロールできるようになり、物事への適応能力を高めてくれるとも言い伝えられています。主な産地はブラジルやアメリカですが、近年ではネパールでサファイヤのような青色をしたカイヤナイトが発見されました。通常、結晶の芯の方へいくほどに青色が濃くなり、外側にいくほどに薄くなるものですが、ネパール産のカイヤナイトはそれとは真逆の性質を持っています。

 

※ ネットショップの特性上、ご使用のモニターやディスプレイの環境設定や撮影状況などによって、アクセサリーや天然石の実物そのものと多少の色味の誤差・イメージの違いが生じることをご了承の上、ご購入頂きますようお願い致します。
販売価格
¥13,200
在庫状態 : 売り切れ
売り切れ