野州麻・精麻とガーデンクォーツ×ウォーターオパールを蝋引き紐で装飾したペンダントネックレス【翔る煌めき】

眩しいほどの黄金色に輝く、野州麻の精麻。

470年前から栃木県は鹿沼市周辺で栽培されている大麻の茎を、いくつもの工程を経て丁寧に精製されたものが『精麻(せいま)』と呼ばれており、神事などにも使われているように浄化のチカラが非常に強い貴重な繊維でもあります。

その精麻をタッセルに仕立て背守りに配置し、小さくとも遊色がシッカリ入った輝けるオパールと、荒凉とした連なる山々を連想させる渋さを内包したガーデンクォーツとをパートナーに結んだ一風変わったデザインのペンダントのお目見えです。

どことなく懐かしさを感じるカラーリングと個性あふれるデザインは、「ちょっと変わったアクセサリーが好き」な方にピッタリ。

個人的に「この組み合わせが面白いな」と感じるこの二石のアクセサリー、手に取ってその纏う世界観を覗いて頂きたいです。

 

《使用素材》

・がーデンクォーツ(ミャンマー産)

・ウォーターオパール

・水晶ビーズ

・ペリドットビーズ

・カレン族シルバービーズ(タイ産)

・トップ装飾部分、首紐部分 ともに蝋引き紐

・背守り部分 野州麻の精麻、蝋引き紐

 

《天然石のサイズ》

・ガーデンクォーツ 24mm×17mm×厚み11mm

・ウォーターオパール 4.5mm×4.4mm×厚み2mm

 

《ペンダントトップの大きさ》

・縦 50mm× 30mm

 

《ネックレスの首回りの長さ》

・スライド調節タイプ 最長 82cm

 

《天然石について》

・ひとつひとつの個体に全く異なる世界が見られ、その美しさにため息が出てしまうほどの天然石であるガーデンクォーツは、水晶が形成される過程で、茶色や緑の鉱物や泥岩を巻き込みながら結晶した水晶です。和名で『庭園水晶』と呼ばれる所以は、その水晶の中にまるで自然の風景が閉じ込められたかのように見える為とされています。そんな箱庭のようなガーデンクォーツは、浄化や癒しの石と呼ばれる水晶の中でも特にヒーリング効果が高いと云われています。そして地に足を着けることを教えてくれるグラウンディングのパワーが強い石ともされています。癒しの他にも、正財運(ギャンブル性のない財運)を象徴する石であったり、『長寿』『健康』をもたらす石としても古くから大切にされて来ました。

・プレイオブカラー、いわゆる遊色効果のあるプレシャスオパールに分類されるウォーターオパール。透明に近いボディーにレッドやイエローやグリーンなどの遊色が控えめにキラキラ輝く美しいオパールです。メキシコ産でボディーが透明なオパールのことを“ウォーターオパール”と呼びます。オパールは世界中で様々な伝承を残す石であり、古代の民族はこの石に魔力的な意思があると信じ、その輝きから希望や幸せを招く石として重宝されて来ましたが、良くも悪くも神秘的な石として扱われ、その歴史は長きに渡ります。

※ ネットショップの特性上、ご使用のモニターやディスプレイの環境設定や撮影状況などによって、アクセサリーや天然石の実物そのものと多少の色味の誤差・イメージの違いが生じることをご了承の上、ご購入頂きますようお願い致します。
販売価格
¥23,300
在庫状態 : 売り切れ
売り切れ