野州麻・精麻とチューライトを蝋引き紐で装飾したペンダントネックレス【きらり✴︎この星のひと雫〜チューライト〜】

眩しいほどの黄金色に輝く、野州麻の精麻。

470年前から栃木県は鹿沼市周辺で栽培されている大麻の茎を、いくつもの工程を経て丁寧に精製されたものが『精麻(せいま)』と呼ばれており、神事などにも使われているように浄化のチカラが非常に強い貴重な繊維でもあります。

その精麻をタッセルに仕立て背守りに配置し、甘酸っぱそうなキュートなピンク色が目を惹くチューライトにやさしく装飾を施したペンダント。

胸元がパッと華やぐ、気分の上がるアクセサリーです。

 

*こちらの商品は紙の箱に入れてお届け致します。

 

《使用素材》

・チューライト

・カレン族シルバービーズ(タイ産)

・トップ装飾部分、首紐部分 ともに蝋引き紐

・背守り部分 野州麻の精麻、蝋引き紐

 

《天然石のサイズ》

30mm×14.8mm×厚み6mm

 

《ペンダントトップの大きさ》

・縦 50mm× 15mm

 

《ネックレスの首回りの長さ》

・スライド調節タイプ 最長 82cm

 

《天然石について》

・女性性を象徴するとされるチューライトは和名を桃簾石(とうれんせき)と云い、タンザナイトなどにも含まれるゾイサイトグループの鉱物のひとつで、ピンク〜赤色の発色をしているものを指します。青色をしているのは『タンザナイト』、緑色をしているのは『アニョライト』と分類されます。チューライトが初めて発見されたのはオーストリア、主な産地のノルウェーのチュールという地名からチューライトと名付けられました。あまり市場に出回らないこの石は、身に着ける者の美意識を高め、より輝き魅力的な人間になるようサポートしてくれると云います。

※ ネットショップの特性上、ご使用のモニターやディスプレイの環境設定や撮影状況などによって、アクセサリーや天然石の実物そのものと多少の色味の誤差・イメージの違いが生じることをご了承の上、ご購入頂きますようお願い致します。
販売価格
¥13,300
在庫状態 : 売り切れ
売り切れ