野州麻・精麻とヒマラヤ産水晶を蝋引き紐で装飾したペンダントネックレス【透きとおる瞳の奥の世界】

眩しいほどの黄金色に輝く、野州麻の精麻。

470年前から栃木県は鹿沼市周辺で栽培されている大麻の茎を、いくつもの工程を経て丁寧に精製されたものが『精麻(せいま)』と呼ばれており、神事などにも使われているように浄化のチカラが非常に強い貴重な繊維でもあります。

その精麻をタッセルに仕立て背守りに配置し、透明度の高い透きとおるヒマラヤ産のポイント水晶を主役にシンプルなペンダントをお仕立てしました。

まるでいつか見た、誰かの透きとおる美しい瞳を想い起こさせるそんな水晶。

胸元にそっと置いておくにはあまりにも自然な、そんなアクセサリーを肌で感じて欲しい一品です。

 

《使用素材》

・水晶(ヒマラヤ産)

・水晶ビーズ

・ブルーアパタイトビーズ

・オレンジカルサイトビーズ

・カレン族シルバービーズ(タイ産)

・トップ装飾部分、首紐部分 ともに蝋引き紐

・背守り部分 野州麻の精麻、蝋引き紐

 

《天然石のサイズ》

37.1mm×13.7mm×厚み11mm

 

《ペンダントトップの大きさ》

・縦 63mm× 13mm

 

《ネックレスの首回りの長さ》

・スライド調節タイプ 最長 82cm

 

《天然石について》

・古くから、広く世界中の人々に装飾品や通貨として親しまれて来たと同時に、神聖視され宗教儀式や祈祷・除霊などとしても用いられて来た水晶。和名では古くは『水精』と呼ばれ精霊が宿る石とされ、日本各地でも産出され、古くは弥生〜古墳時代には勾玉や玉が作られていたと云います。『調和・統合・強化』のパワー持ち、非常に優れた浄化作用を持つ水晶は、すべてのものに対しての調和を生み出し、それらを統合させ、更なる強力なパワーを発揮させるよう導いてくれる石と云われています。また優れた浄化作用により、他の石が吸収したマイナスのエネルギーを元のクリーンな状態に戻してくれるとも。また、心身の活性化や潜在能力の開花にも一役買ってくれるとされています。

※ ネットショップの特性上、ご使用のモニターやディスプレイの環境設定や撮影状況などによって、アクセサリーや天然石の実物そのものと多少の色味の誤差・イメージの違いが生じることをご了承の上、ご購入頂きますようお願い致します。
販売価格
¥19,800
在庫状態 : 売り切れ
売り切れ