野州麻・精麻と天然石を蝋引き紐で装飾したネックレス【野州麻・精麻×カイヤナイトの蝋引き紐ネックレス 伝え】

n_1636
眩しいほどの黄金色に輝く、野州麻の精麻。

470年前から栃木県は鹿沼市周辺で栽培されている大麻の茎を、いくつもの工程を経て丁寧に精製されたものが『精麻(せいま)』と呼ばれており、神事などにも使われているように浄化のチカラが非常に強い貴重な繊維でもあります。

その野州麻の精麻を月麻が丁寧に手で綯い、カイヤナイトを添えて蝋引き紐で結び上げました。

深く透き通るブルーを幾重にも重ねたような、そんな宇宙や深海を想わせる瑞々しいカイヤナイトと野州麻の精麻の黄金色とのコントラストが美しい逸品です。

細かい装飾を施したトップの下には、精麻でつくったタッセルをあしらって。

上品にコーディネートでき、人とは違った雰囲気のネックレスがお好きな方にオススメのアクセサリーです。

 

《使用素材》

・カイヤナイト(ネパール産)
・マクラメビーズ (留め具)

・トップ装飾部分 蝋引き紐
・首紐部分 野州麻の精麻、蝋引き紐

 

《天然石のサイズ》

・カイヤナイト 縦17mm×横12mm×厚み6cm

 

《装飾トップの大きさ》

・縦11.4cm×横3.1cm(タッセル含む)

 

《ネックレスの首回りの長さ》

・スライド調節タイプ 最長 約78cm

 

*このアクセサリーは精麻を綯って使用している為、身に着けている内に精麻部分がよじれることが可能性としてありますことをご理解・ご了承して頂いた上でお買い求め頂きますようお願い致します。

 

《天然石について》

・ギリシャ語で『青色』を意味する言葉が名前の由来になっているという、カイヤナイト。藍色や青色・水色などの様々なブルーが幾重にもストライプ状に重なったまるで宇宙や銀河のような美しさが最大の特徴であり魅力であるカイヤナイトは、持つ者の依存心や甘えを取り去って独立心や探究心を高めたり、自分自身を上手くコントロールできるようになり、物事への適応能力を高めてくれるとも言い伝えられています。主な産地はブラジルやアメリカですが、近年ではネパールでサファイヤのような青色をしたカイヤナイトが発見されました。通常、結晶の芯の方へいくほどに青色が濃くなり、外側にいくほどに薄くなるものですが、ネパール産のカイヤナイトはそれとは真逆の性質を持っています。

n_1636--01
n_1636--02




n_1636--03
n_1636--04
n_1636--05
n_1636--06
n_1636--07
n_1636--08
n_1636--09

※ ネットショップの特性上、ご使用のモニターやディスプレイの環境設定や撮影状況などによって、アクセサリーや天然石の実物そのものと多少の色味の誤差・イメージの違いが生じることをご了承の上、ご購入頂きますようお願い致します。
販売価格
¥14,000
在庫状態 : 売切れ
売切れ