野州麻・精麻と天然石を蝋引き紐で装飾したペンダントネックレス【曼荼羅∞麻の葉模様〜バルティックアンバーの煌めき〜“月麻”】

眩しいほどの黄金色に輝く、野州麻の精麻。

470年前から栃木県は鹿沼市周辺で栽培されている大麻の茎を、いくつもの工程を経て丁寧に精製されたものが『精麻(せいま)』と呼ばれており、神事などにも使われているように浄化のチカラが非常に強い貴重な繊維でもあります。

その精麻をタッセルに仕立て背守りに配置した、バルティックアンバーとレインボームーンストーンの曼荼羅麻の葉模様のペンダントを創作しました。

“月”と“麻”のエレメントから成り立つアクセサリー。

バルティックアンバーの麻の葉模様の上には、可動式のレインボームーンストーンで結んだ三日月を。

月麻の名を冠する、特別なアクセサリーです。

あなたの胸元で確かに鼓動する、感じてほしい物語りがここにあります。

 

《使用素材》

・バルティックアンバー(ポーランド産)

・レインボームーンストーン

・琥珀ビーズ(メキシコ産)

・水晶ビーズ

・カレン族シルバービーズ(タイ産)

・トップ装飾部分、首紐部分ともに蝋引き紐

・背守り部分野州麻の精麻、蝋引き紐

 

《天然石のサイズ》

・バルティックアンバー22mm×22mm×厚み8.4mm

・レインボームーンストーン13.5mm×10.5mm×厚み5mm

 

《ペンダントトップの大きさ》

・縦63mm×50mm

 

《ネックレスの首回りの長さ》

・スライド調節タイプ最長78cm

 

《天然石について》

・健康と長寿の御守りである琥珀(アンバー)は、約3000万年以上前の松柏類の植物の樹液が化石化した有機物です。はるか古代から護符や装飾品などとして用いられたそのパワーは絶大な評価を得て来ました。『人間と宇宙エネルギーの境界に位置するもの』と云い伝えられた理由としては、琥珀の表面をこすると静電気を帯びるといった性質から来るものかも知れません。その温もりあるやさしい色合いから放たれる波動は、エネルギーを充填し生命力を高めるとも。また、琥珀のルーツが木であることと関係が深く、樹々が二酸化炭素を吸い酸素を吐くように、琥珀はマイナスなエネルギーを取り去り、代わりに心身にプラスエネルギーを循環させてくれるとも云われています。

・透明感のある白色の中に虹色の輝きを纏うレインボームーンストーン(ホワイトラブラドライト)は、長石グループに属し、鉱物的にはラブラドライトと同じなのでムーンストーンではありませんが、その見た目やパワーストーンとしての観点から見た時に、この石の持つ色がムーンストーンの月的な性質に最も影響しているとされている為、通称としてムーンストーンと呼ばれています。古くから『虹』は稀にしか見ることができないことから、幸運の象徴であり、人々にとって幸せや夢のシンボルでもありました。レインボームーンストーンのそんな虹色の輝きは『幸せを呼び込む』と云い伝えられて来ました。そして陰陽の波動を併せ持つこの石は、月を想わせるような静かな波動で直感力や洞察力を与え、太陽を想わせるような陽気な波動で活力や希望与えてくれます。

※ ネットショップの特性上、ご使用のモニターやディスプレイの環境設定や撮影状況などによって、アクセサリーや天然石の実物そのものと多少の色味の誤差・イメージの違いが生じることをご了承の上、ご購入頂きますようお願い致します。
販売価格
¥25,000
在庫状態 : 売り切れ
売り切れ