アメシストと言うよりは水晶に近い三日月お月様を主役に、タンザナイトとレインボームーンストーンでペンダントを結び上げました。

三日月からぶら下げる2つの小さな石はユラユラと揺れ、まるでお月様から滴る雫のよう。

シンプルでいて品を感じるデザインなので、様々なシチュエーションで活躍してくれるアクセサリーです。

月の背の原石部分には小さな虹がキラキラと輝き、背守りに添えたタンザナイトのビーズもまた、バックスタイルを素敵に魅せてくれます。

イメージは夕闇に浮かぶ三日目のお月様。

 

《使用素材》

・アメシスト

・タンザナイト(タンザニア産)

・レインボームーンストーン

・水晶ビーズ

・タンザナイトビーズ

・カレン族シルバービーズ(タイ産)

・トップ装飾部分、首紐部分 ともに蝋引き紐

 

《天然石のサイズ》

・アメシストお月様 40.1mm×31.6mm×厚み5.5mm

・タンザナイト 10mm×8mm×厚み6mm

・レインボームーンストーン 15mm×10.8mm×厚み4.7mm

 

《ペンダントトップの大きさ》

・縦 40.1mm× 31.6mm

 

《ネックレスの首回りの長さ》

・スライド調節タイプ 80cm

 

*こちらの商品は紙箱に入れてお届け致します。

 

《天然石について》

・透明感のある紫色のアメシストは『愛の守護石』としてとても有名ですが、その名前の由来はギリシャ語である「酒に酔わない」という意味の『amethustos』から来ています。ギリシャ神話に登場する酒神バッカスとアメシストの石の関係から由来していると云われています。『愛と慈しみの心』を芽生えさせ真実の愛を守るチカラを与え、また、精神を安定させる働きがあるとされています。不眠解消する石とも云われており、枕の下に置いて眠るとぐっすり、そしていい夢が見られるとも。

・その名の通り、タンザニアで採掘されるタンザナイト。今、尚 タンザニアのメレラニ鉱山のみでしか産出されないこの石は、約50年前に発見された比較的新しい石でもあります。「ゾイサイト」という鉱物に属し、バナジウムを含んで青色に変色したものをタンザナイトと呼んでいます。名付けの親はティファニー社。美しいバイオレットブルーを纏うこの石は高い波動を持つとされ、持ち主の潜在意識を目覚めさせます。奥深くに眠ったエネルギーを活性化させ、様々な能力を向上させてくれます。癒しのチカラ持つ石としても注目され、強力なヒーリングストーンとして扱われて来ました。直感力や閃きを必要とする人にもよき石とされています。

・透明感のある白色の中に虹色の輝きを纏うレインボームーンストーン(ホワイトラブラドライト)は、長石グループに属し、鉱物的にはラブラドライトと同じなのでムーンストーンではありませんが、その見た目やパワーストーンとしての観点から見た時に、この石の持つ色がムーンストーンの月的な性質に最も影響しているとされている為、通称としてムーンストーンと呼ばれています。古くから『虹』は稀にしか見ることができないことから、幸運の象徴であり、人々にとって幸せや夢のシンボルでもありました。レインボームーンストーンのそんな虹色の輝きは『幸せを呼び込む』と云い伝えられて来ました。そして陰陽の波動を併せ持つこの石は、月を想わせるような静かな波動で直感力や洞察力を与え、太陽を想わせるような陽気な波動で活力や希望与えてくれます。

動画はコチラからご覧頂けます↓

※ ネットショップの特性上、ご使用のモニターやディスプレイの環境設定や撮影状況などによって、アクセサリーや天然石の実物そのものと多少の色味の誤差・イメージの違いが生じることをご了承の上、ご購入頂きますようお願い致します。
販売価格
¥29,300
在庫状態 : 売り切れ
売り切れ