n_1623
 

眩しいほどの黄金色に輝く、野州麻の精麻。

470年前から栃木県は鹿沼市周辺で栽培されている大麻の茎を、いくつもの工程を経て丁寧に精製されたものが『精麻(せいま)』と呼ばれており、神事などにも使われているように浄化のチカラが非常に強い貴重な繊維でもあります。

その野州麻の精麻を月麻が丁寧に手で綯い、ローズクォーツとレムリアンシードクォーツを添えて蝋引き紐で結び上げました。

まるで和菓子の道明寺のような色合いで、グリーンはローズクォーツの薄ピンク色をやさしく包み込み、細かめの装飾を施し、存在感のあるデザインに仕上げました。

御守りとしても、贈り物としても喜ばれるアクセサリーです。

 

《使用素材》

・ローズクォーツ
・レムリアンシードクォーツ(マダガスカル産)
・カレン族シルバービーズ(タイ産)
・マクラメビーズ (留め具)

・トップ装飾部分 蝋引き紐
・首紐部分 野州麻の精麻、蝋引き紐

 

《天然石のサイズ》

・ローズクォーツ 縦20mm×横14mm×厚み9mm
・レムリアンシードクォーツ 縦61mm×横7mm×厚み5.5mm

 

《ネックレスの首回りの長さ》

・スライド調節タイプ 最長 約86cm

 

*このアクセサリーは精麻を綯って使用している為、身に着けている内に精麻部分がよじれることが可能性としてありますことをご理解・ご了承して頂いた上でお買い求め頂きますようお願い致します。

 

《天然石について》

・淡く透き通るようなピンク色をしたローズクォーツは『美・愛・やさしさ』を象徴し、恋愛運向上のパワーストーンとしてとても有名です。女性の内なる美しさを輝かせてくれ、まずは自分を愛し、そして外の世界の人間関係に於いても愛の循環を作り出してくれるとも云われています。ローズクォーツは癒しのエネルギーにもあふれ、恋に破れた心を再び新しい愛へ導いてくれるパワーがあるとも。その名の由来は、愛と美の女神『アフロディーテ』の石とされ、『アフロディーテに捧げられた薔薇(ローズ)』から来ているとされています。

 

・レムリアンシードクォーツは、太古の海に沈んだと云い伝えられているレムリア大陸から名付けられ、そこに住んでいたレムリア人の叡智や知恵が詰まっているとされているこのレムリアンシードクォーツの表面には『レムリアンリッジ』と呼ばれるバーコード状の条線が見られるのが大きな特徴のひとつであるとされています。この石同士を軽くぶつけると、高く美しい澄んだ音がすることから『シンギングクリスタル』とも呼ばれています。

n_1623--01
n_1623--02
n_1623--03
n_1623--04
n_1623--05
n_1623--06

n_1623--07

n_1623--08

※ ネットショップの特性上、ご使用のモニターやディスプレイの環境設定や撮影状況などによって、アクセサリーや天然石の実物そのものと多少の色味の誤差・イメージの違いが生じることをご了承の上、ご購入頂きますようお願い致します。
販売価格
¥13,000
在庫状態 : 売切れ
売切れ